大村竜夫さんセレクション ポストカード5枚セット

¥ 1,100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

やさしい色鉛筆のタッチが特徴の大村さんの絵がポストカードになりました。

数量限定(5セットのみ)でご提供するのは、大村さんご自身に選んでいただいたポストカード5枚セットです。

大村さんの色鉛筆画は油絵と違って上からの塗り直しがきかないため、薄い色から注意深く色を塗り重ねていく必要があります。こうした丁寧な作業が必要なため、1枚の絵を仕上げるのに最低でも1ヶ月以上かかるそうです。

今回のセレクションは、『雲の向こうはいつも青空』Vol.3表紙絵の『終わらない旅がある』のほか、『明日へ身をゆだねて』『いのちの泉』『道しるべ』『ときの流れの先へ』の5枚セットです。

*大村 竜夫(おおむら たつお)
小学校5年生で不登校になり、学校へは行かず、自分の生き方を模索。26歳でうつになったのをきっかけに、自分の心象風景を絵に描いてみたいと思い、独学で家にあった色鉛筆を使って絵を描き出す。2年後の2004年に第1回の個展を開催。1枚の絵を完成させるのに1ヶ月から2ヶ月かける丁寧な画風が特徴で、15枚の絵が使われている『ひび割れ壷と少年』の絵本は、実に4年近くかけて描かれた力作。著書 絵本『ひび割れ壷と少年』